バラ40本!!

連休初日18日(日)は、七戸方面に出かけました。

稲穂が黄金色に輝いて本当にキレイでした!

c0151053_2245273.jpg


このところ週末は「道の駅」でお花を買い待合室に飾っています。
1200円くらいですごく豪華な花が生けられるのです!

今回は七戸のローズガーデンにも立ち寄り、
1束10本500円のバラを 4束40本購入しました!!

c0151053_22532225.jpg

赤いバラが20本、オレンジと黄色のバラが20本!!

いっぺんに40本もバラを買ったのは初めてです。

待合室に飾りますので、バラの香りを楽しんでください!!

# by drmasumi | 2009-10-12 23:00 | Comments(0)

      キンモクセイ!!

昨日は、台風で雨風がすごかった八戸ですが大きな被害もなくてよかったと
思います。

7年前に英明先生が植えたキンモクセイの花が咲いています!!

c0151053_19215074.jpg

YUKIのプルーンと一緒に植えたのですが、プルーンの成長が著しく、そちらにばかり目がいっていましたが地道にすくすく成長していたようです(笑)

今回の台風にも負けず、花はしっかりついています!!

近くにいくとキンモクセイの香りがします。

秋の香りですね!!

# by drmasumi | 2009-10-09 21:56 | Comments(0)

   ドクターフィッシュ ガラ・ルファ!!

水産科学館マリエントには、ドクターフィッシュとして有名なガラ・ルファもいました。

c0151053_16295019.jpg

人の皮膚の古くなった角質を食べることで知られているこの魚は、アトピー性皮膚炎などにも効果があり、お肌がつるつる、すべすべになることで注目されています。

YUKIに手を入れさせましたが、怖がって深く入れません。

c0151053_1715112.jpg

私も試してみましたが、魚がいっぱい手に吸い付いてくる感触は、すっごく
不気味でした(笑)

極楽湯にこの魚がいて足をつけて、足の角質をとってもらうコーナーがあったと聞きましたが、私はちょっとパスしたい、、、、、。

柳湯に行ったとき、電気風呂があったので入ってみましたが、体中に静電気が走っているような不気味な感じがして30秒くらいしか入っていられなかったことを思い出しました(笑)

# by drmasumi | 2009-10-07 17:16 | Comments(0)

     緑風荘!!

4日の夜、座敷わらしの宿として有名な「緑風荘」が火事で全焼してしまいました。

緑風荘は、岩手県二戸市金田一温泉のシンボル的な温泉で八戸からは車で
1時間くらいの所にあります。

金田一温泉は小さい頃、お祖母さんの慰安旅行に何度か一緒に連れて行ってもらった記憶がありますが、大人になってからは、全く行ったことがありませんでした。

身近に、こんなに希少価値のある宿があったのに、、、、、。

無くなってから、価値に気づくんですね、、、、、、。

とにかく、これからは近場を楽しもうと思いました!!

c0151053_22294663.jpg

著者の三浦哲郎は八戸出身の作家で忍ぶ川で芥川賞を受賞しています。

緑風荘の座敷わらしがモデルになっているこの作品は、劇団四季のミュージカルとしても有名です。

今度、読んでみようと思っています。

# by drmasumi | 2009-10-06 22:39 | Comments(0)

     クリオネ!!

蕪島神社の近くにあるマリエントは、小さな水族館です。

クリオネ展をやっていたので昼食後、入ってみると、

c0151053_13564591.jpg

小さなクリオネが水槽の中でたくさん泳ぎ回っていました!

c0151053_13593589.jpg

透明で美しい姿から「流氷の天使」とか「氷の妖精」などと呼ばれている
クリオネですが、、、、、

普段の姿からは想像できないおぞましい捕食法から「流氷の悪魔」と呼ばれる
ことがあるそうです。

トリビアの泉でも紹介されたそうですが、その姿をまだ見たことはありません。

# by drmasumi | 2009-10-06 14:08 | Comments(0)

蕪島神社!!

講演会のために、YUKIが帰ってきていたので、4日の日曜日は親子で久々に
蕪島神社へ行ってきました。

c0151053_2233409.jpg

お正月と違ってすいていましたが、ここは最近「かぶあがりひょうたん」で有名です。

c0151053_22374926.jpg


いつの間にか、こういう看板も出来ていて、

c0151053_2240153.jpg

YUKIと一緒に3週まわってしまいました(笑)

お昼はマリエントにある「千陽」へ。

英明先生は、いくら丼!!

c0151053_2244514.jpg

YUKIは、ふかひれ雑炊!!

c0151053_2245386.jpg

私は、シャモロックの親子丼!!

c0151053_22455320.jpg

海を見ながら、優雅ななランチタイムを楽しみました。
近場が一番いいですね!!

# by drmasumi | 2009-10-05 22:54 | Comments(0)

        3度目の感即動 !!

10月3日(土) 岩手医大歯学部講堂において木下晴弘先生の講演が行われました。

この講演会は「母校に感謝と誇りを込めて」岩手医大歯学部12期生有志が
主催したものです。

私は、岩手医大歯学部の卒業生ではありませんが、YUKIと一緒に受講させて頂きました。

   気づくはずです、“明るい未来”に!!
 魂を揺さぶる生涯忘れない120分
     ~Who dares wins~


木下晴弘先生の講演を聴くのは3回目ですが、受講するたびに新しい気づきがあります。
“いつも感謝の気持ちを忘れずに!!”
そう心に思いながら日々の生活を送っているつもりでしたが、、、、

私は、自分の卒業した母校に今まで感謝の気持ちを持ったことがなかった事に気づき唖然としました。

自分がこの学校に入り育ててもらい歯科医になったからこそ今の自分があるのに、批判的なことばかりいって全く感謝していなかった、、、、。
笑われるかも知れませんが、これは私にとって眼からウロコ状態の気づきでした。

そして、、、、、、

なぜか今月は英明先生と我が母校に一緒に行く予定が入っている、、、、、、。

偶然とはいえ、これは母校に感謝の意を表してきなさいという事なのでしょう。
不思議なことですね!!

今日は、実家の両親と英明先生のお母さんに会って感謝の意を表してきました。
今まで面と向かって、言ったことがなかったので素直に言った自分にも驚きましたが、両親も義母も喜んでいました。

本当に生意気で世の中を斜めから観たような態度だった自分、、、、、、。
とりあえず、自分自身が真っ当な方向に行っているようなので(笑)
感謝します。

また来年も木下先生の講演を聴きたいなぁ!!

# by drmasumi | 2009-10-04 16:13 | Comments(0)

       風とマンダラ!!

談志がいたから落語家になった。談志がいたから漫画が描けた。
談志がいたから二足の草鞋がはけた。

以前紹介した「雷とマンダラ」の雷門獅篭(かみなりもんしかご)の
立川流破門前、
立川志加吾(たてかわしかご)時代の4コマ漫画です。

c0151053_1642538.jpg

立川流の前座さんって本当に大変なんですねぇ。

それだけ、談志の落語がすごい!!魅力がある! ということなのでしょう。

しかし、、、前座時代長すぎ。

どういう経緯で破門になったかはよく知りませんが、破門も愛情のひとつ
かもしれません。

名古屋で良い師匠にめぐり合えてよかったですね。

獅篭さん、今は漫画じゃなくあなたの落語を聴いて見たいです!!

# by drmasumi | 2009-10-02 17:26 | Comments(0)

         プチ修行!!

「ダーリンは外国人」の著者、小栗佐多里さんの「プチ修行」を新幹線の中で読みました!!

c0151053_17214054.jpg

                プチ修行

 瞑想 ・ 写経 ・ 座禅 ・ 滝 ・ 断食 ・ お遍路 ・ 内観

これらの修行を1泊か2泊の簡単コースで体験したエッセイです。
私は著者のような、こういうスタンスでは修行をしないと思いますが、とても面白く書かれているので楽しくこれらの修行を疑似体験できました。

もしどれかひとつ選ぶとしたら、迷わず「写経」です(笑)
今の私に一番必要なのは断食かもしれませんが、、、、。

# by drmasumi | 2009-10-01 09:54 | Comments(2)

 ホリスティック医学!!

  「人間をまるごと全体的に診る医学」 ホリスティック医学を紹介します。

ホリスティック医学の定義とは、

① ホリスティック(全的)な健康観に立脚する。

② 自然治癒力を癒しの原点に置く

③ 患者が自ら癒し、治癒者は援助する

④ さまざまな治療法を選択・統合し、もっとも適切な治療を行う

⑤ 病の深い意味に気づき自己実現を目指す

以前、紹介した代替療法で有名な帯津良一先生は、ホリスティック医学を提唱しています。

病気の「部分」を診るのではなく、「人間(身体、精神、霊性)をまるごと診る」というものです。

c0151053_20235051.jpg


帯津先生はこの本のコラムの中で、ホメオパシーについて

西洋医学的根拠はまだ十分ではないが、人間まるごとを診る医学としてこれ
以上のものはないと考えられている。

と、書いています。

# by drmasumi | 2009-09-29 20:31 | Comments(0)