<   2011年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

      口臭セミナー 7期生4回目!!

12日(日)は、7期生4回目のセミナーでした。
私は、お休みを頂いて摂食嚥下のセミナーに行かせて頂きましたので
今回参加しているうちの医院のスタッフの報告をまとめました。

午前中は、初診2名と再診1名の診療です。

まず、5期生の松浦先生からの紹介の患者さん。
くしゃみとのどの臭いで悩んでいる若い女性です。
小学校の高学年から悩んでいて、QOLが著しく低下した状態になっています。
のどの奥が苦しくなることがあり、半分引きこもり状態に。
松浦先生の指導で口腔内が改善されてきている事に加え
のどの奥の緊張に対する指導をしました。

もう一人の初診の患者さんは、シェーグレンと診断された50代女性。
数多くの医院を受診しても改善されず、
新聞を見て口臭治療のことを知り来院された方です。
子供の頃から40年以上、他人のしぐさが気になり悩んでいます。
2年くらい前から、口の中がネバネバしだし歯と粘膜がくっつくようになったそうです。
シェーグレン(唾液が出ない病気)ということもあり、
今回の口臭治療受診のことを家族に話し、
協力してもらうよう指示し口臭治療の指導を行いました。

先月初診の治療を受けた再診の患者さんは、
口腔内がとてもいい状態に改善されていました。
無臭化されたことに自信を持って、
ケア用品はデンタルコスメとして美しく楽しく使っていけばいいと指導。
患者さんもとてもうれしそうでした。


c0151053_1945094.jpg



午後からは、自己採点のチャートのテストと
各オーラルケア用品の成分、効果、使い方についての講義でした。

次回は、いよいよ7期生の卒業セミナーになります。
7期生の医院は、卒業発表があります。
受講者全員の最終テストもありますので
満点目指して、皆さん頑張ってください!!

by drmasumi | 2011-06-14 19:16 | Comments(0)

     摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)の基礎知識!!

12日は、摂食嚥下のセミナーを受講しました。


c0151053_19433434.jpg


c0151053_1944571.jpg




このセミナーは、3月に予定していたセミナーでしたが、
震災のため延期になっていました。

セミナーはまず、菊谷先生が被災地「大槌町」へ
歯科のボランテァで行ったお話から始まりました。


c0151053_19405484.jpg



c0151053_19411065.jpg



皆さん、震災と避難所生活でのストレス、
食事事情などにより体力や抵抗力が低下し
口腔内の環境が悪化している方々が多かったようです。

各避難所での全身の健康管理の一環として
医療従事者の方々や避難所の皆さんに
誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)の予防など
口腔ケアを伝えていく必要をおっしゃっていました。

そして、このことは今回のセミナー口腔機能の評価法へつながっていきます。

摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)とは、
食物を認識して口に取り込むことに始まり、
胃に至るまでの一連の過程を指します。

咀嚼(そしゃく・・・かむこと)嚥下(えんげ・・・飲み込むこと)の障害
訪問診療や介護での問題としてとらえられていますが、
うまくかめない方、うまく飲み込めない方は、
老人だけではなく、若い方にも増えてきています。

「噛む」というと、しっかりとした歯があれば良いと
思う方が多いかもしれませんが、
どんなにりっぱな歯があっても
それを使いこなす機能が衰えていると
うまく噛めなかったり、飲み込めなかったりします。


例えば、金さん銀さんですが、


c0151053_19414319.jpg



確か、二人合わせて3本くらいしか歯がありません。
金さんは、入れ歯も入れていない状態です(笑)

しかし、このお二人は歯がなくとも


c0151053_1942519.jpg



こういった食事をしっかりと食べていました。

歯がなくても、舌や口蓋、顎堤、ほっぺた、唾液を
うまく使いこなしていたのです。

歯がなくても生きていけますが、
舌や唾液がなかったら、
うまく使うことが出来なかったら、生きることは難しいでしょう。


また、菊谷先生は「唾液があふれ出て困る」という
患者さんのことも話されました。
唾液があふれ出て、毎日ティッシュ3箱使うそうです。
飲み込まなければ、1日約1,5リットル出る唾液は
あふれ出てくるに決まっています。
患者さんに嚥下(飲み込む)練習をしてもらった結果、
ティッシュを使うことがどんどん減っていったそうです。

一昨年の口臭セミナーの時の唾液過多の患者さんと同じケースです。
この患者さんは、歯科でも内科でも原因がわからず、
悩んでしまい精神科に入院していました。
悪いところはなくても、
うまく機能していない事に(飲み込めなくなっていることに)
気づかなかったわけです。

現代人は、車という便利なものがあるため、
昔の人より歩けなくなってきています。
どんなにりっぱな足があっても
使わなければ衰えます。

食事もとても便利になり、噛まなくても
食べれるものが大半です。
 カレーライス、グラタン、ハンバーグ、とろけるキャラメル、とろけるお肉、、、。
噛まずに食べれるので、
乳歯が中々抜けてくれないお子さんが多くなっています。

障害といったところまで行ってなくても
摂食嚥下機能や口腔生理機能が
うまくいっていない方たちが増えてきているため
指導やサポートをしていく必要があります。

菊谷先生は、英明先生の母校・日本歯科大学の教授です。
同窓会の関係で、英明先生は菊谷先生の講演を聴いていて
私に勧めてくれました。

いろんな角度から患者さんの健康をサポートしていきたいと
思っています。

by drmasumi | 2011-06-13 19:45 | Comments(0)

本が大好き その5!!

本好きのエピソードを紹介します。

この話をするとたいていの人があきれますが(笑)
「それわかるよ!!」と共感してくれる方を
探し求めています。


学生時代のお話です。
私は、横須賀にある大学に
京浜急行で通っていました。

京浜急行の快速特急は、
横須賀中央から品川までを50分くらいで走っています。

横須賀中央~金沢文庫~上大岡~横浜~川崎~品川

横須賀から上大岡まで快速特急で約20分くらいかかります。

私が上大岡に住んでいたころのこと。
いつものように横須賀中央から快速特急に乗り込み
座れればもちろん本を読みます。

あるとき、上大岡に着いたのですが、
本が面白くて、今ここで読むのをやめて
電車を降りる気になりません。

そのまま電車に乗って読み続け、
快速特急の終点、品川駅まで行きました。

帰りは品川から上大岡に帰るのですが、
ちょうどラッシュアワーで座れるわけもなく
満員電車の中でぎゅうぎゅうに押され
後悔しながら家路につきます。

帰りの電車の中では、
何てバカなことをしたんだろうと思うのですが、
これを数回経験いたしました。

皆様、あきれるかもしれませんが、
本当に面白い本は、途中でやめるなんてできません!!
山手線だったら何周したんでしょうね(笑)

共感できる方を探しています。

by drmasumi | 2011-06-10 23:12 | Comments(2)

本が大好き その4!!

本好きなので本の話題だと止まりません(笑)

人が「面白いよ。」とか「良かったよ。」と
勧めてくれる本、特に貸してくれる本は、
しっかりと読みます。

たぶん、勧めてくれなかったら
読まなかったであろう本との
出会いはとても大切です。


今日は、GWにYUKIが帰ってきたときに
「面白いから絶対読んで!!」
と勧めて貸してくれた本を紹介します。


           インシテミル        米澤 穂信 著


c0151053_164663.jpg



超高額の時給につられて集まった12人の男女。
だが彼らを待っていたのは、
参加者同士に殺人をけしかける犯人当てゲームだった 。


映画化されているので
ご存知の方も多いかもしれません。

クローズドサークルものの
突っ込みどころ満載のミステリーでしたが(爆笑)
面白く読むことが出来ました。

クローズドサークルもののミステリーの代表は、
アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」ですが、
この作品へのオマージュにもなっています。

私は、読みながら綾辻行人の「十角館の殺人」
思い出しました。

若い子たちはこういった作品でミステリーに
はまっていくんだなぁと感じました。

by drmasumi | 2011-06-09 18:07 | Comments(0)

本が大好き その3!!

本が大好きなので、本屋さんは私にとって憩いの場です。


c0151053_22443442.jpg



大きい小さい関係なく、
店主の意気込みの伝わってる本屋さんを見つけると
本当にうれしい!!

アマゾンを知らなかった頃は、
ほしい本を求めて
八戸じゅうを探し回ったりしたことも
今はいい思い出です。


本好きで有名な児玉清さんが先日亡くなられました。


c0151053_22512357.jpg



「パネルクイズ・アタック25」の司会者で有名な
ダンディーな俳優さんといったイメージでしたが、
すごい本の虫だっだんですね。

「NHK週間ブックレビュー」の司会もしていたそうですが
私は全く知りませんでした。

数年前から児玉さんが書いている文庫本の解説に
何度か巡り会い、
こんなに解説を書いてるってことは、
すごい読書家なんだろうなと思っていました。

どの本の解説を書いていたのか
いちいち覚えていませんが、
多岐に渡っていたし
こんなに読んだ本の解説に巡り会うんだから
気が合うのかなと思っていただけに
とても残念です。

ちょっと調べたら、このブログで紹介した
阪急電車」と「永遠の0」も児玉さんの解説でした。

ご冥福をお祈りします。

by drmasumi | 2011-06-08 23:23 | Comments(0)

本が大好き その2!!

昨日紹介した本を、
ランタンの灯りと、懐中電灯の明かりのもとで
読みました。


c0151053_19235964.jpg



寒かったので、コートを着て布団にくるまり
右手に懐中電灯を持ち、
テーブルの上の本を照らし、
両隣にいる英明先生とYUKIの会話に耳を傾け
ラジオを聞きながら、
本に集中していました。

二人は最初、あきれ顔でしたが次第に尊敬の眼差しに変わったような気が、、、、。


ロマンチックな灯りのランタンですが、
私は、もらい火で火事の経験があるので、
火が怖くて仕方がありませんでした。

余震が来る度に、「消して! 消して!」と
騒いでいたようです。

2日目には、あまりに寒いので
英明先生が、反射式ストーブを見つけ出してきましたが、
火を使うのは、余震が来るから怖い、、、、。

寒くてもいいから、つけないでほしいと
だだをこねていましたが、
却下され、使うことに、、、、。

使えば段違いに暖かいので、慣れましたが、
まさかこの震災で、とっくに忘れていたことを
思い出すとは、、、、、。

本に集中できて助かりました。
活字中毒に感謝です。

そして、こういうことが書けるまで精神が持ち直したということかもしれません。

by drmasumi | 2011-06-07 20:05 | Comments(0)

本が大好き!!

昨日のブログに、

 体力温存型の私は、
 不安に駆られ余計な心配ごとを頭の中に作らないように
 読書に集中していました。
 本棚の中に未読の良書がたくさんあり、
 どれだけ、救われたか、、、、。

と書きました。

魔性の子」の他に
私を不安から救ってくれた本を紹介します。


         図書室の海      恩田 陸 著


c0151053_2201080.jpg



6、7年前に「六番目の小夜子」を読んではまりました。
はまると大人買いして一気に読んでいくタイプですが、
この本と「ライオンハート」が未読でした。
やっぱり、恩田ワールドいいですね、好きです。



     ひとめあなたに・・・    新井 素子 著



c0151053_2282539.jpg



 これは地球さんの余命いくばくもない、
 最後の一週間の出来事‐
 あたしの恋人、朗の様子がおかしい。
 鎌倉の朗の家に向かって、
 混乱のなか、正気と狂気、
 現実と非現実の長い旅が始まる。(赤川次郎)

ものすごい衝撃を受けました。
正気と狂気のはざま
何が正気で何が狂気なのか、、、、。
ピュアな物語です。

こんなにすごい本を読み落としていたなんて、、、。
もっと若い時に読んでみたかった。
私は、☆5つつけます。



       龍は眠る        宮部 みゆき 著


c0151053_2217985.jpg



宮部みゆきも1時期読んでいました。
この作家もはずれがありません。
蒲生邸事件」も読みたい本です。



     Τ(タウ)になるまで待って     森 博嗣


c0151053_22374380.jpg



ここ2年ほど読まずにいた森 博嗣 ですが、
これをキッカケにこのシリーズの文庫化は読破!!
「目薬αで殺菌します」の文庫化、早くお願いします(笑)

by drmasumi | 2011-06-06 22:51 | Comments(0)

 魔性の子!!

十二国記にはまったキッカケは魔性の子です。

              魔性の子     小野不由美 著


c0151053_1184968.jpg



この本を買ったのは、7,8年前。
ファンタジーホラー小説で、
私の好みではありませんでしたが、
評価も評判も良かったので、
読んでみようかなと思ったわけです。

何度か新幹線のお供に持ち歩いたのですが、
他に読みたい本があり、
ずっと読まずじまいでした。

 震災があったとき、
 私は、するべきことをした後は、
 じっと体力温存を心掛けるタイプですが、
 英明先生は、フットワーク軽く
 動き回るタイプ(じっとしていられない人)ということが
 良くわかりました。

体力温存型の私は、
不安に駆られ余計な心配ごとを頭の中に作らないように
読書に集中していました。
本棚の中に未読の良書がたくさんあり、
どれだけ、救われたか、、、、。

「魔性の子」はその中の1冊です。

十二国記を全く知らず読んだので、
事情を知らない私は、ちょっと怖い部分もあったのですが、
思いっきり夢中になって読むことが出来ました。


c0151053_1141386.jpg


「魔性の子」は、十二国記の番外編のような作品。
本編の十二国記を読みたくなりますが、
シリーズでたくさん出ているので、
アニメを見ることにしたわけです。

壮大な世界観で本編もまだ完結していないようですが、
アニメも第4部?までのようなので、
その後は、小説で追いかけようかなと思っています。

それくらい面白いんです!!

by drmasumi | 2011-06-05 11:58 | Comments(0)

十二国記!!

十二国記のアニメにはまっています。


c0151053_20473377.jpg



どこにでもいるような平凡な女子高生・中嶋陽子。
金色の髪を持つ「ケイキ」と名乗る青年が現れる。
ケイキは陽子を主と呼び、見知らぬ異世界へ連れて行く。
そこは十二人の王と十二頭の麒麟によっておさめられる
十二の国々からなる不思議な世界だった。

激動の十二国の歴史の中で、試練に立ち向かいながら成長していく
少女の姿を描いた大河冒険ファンタジーアニメ!!


c0151053_2143073.jpg



最初は事実を受け止められず、
悩み続ける陽子ですが、
どの世界であろうと、「すべては自分の問題」と気づき
立ち向かい、王として成長していく物語です。

自らの強さ、弱さに正面から向き合うこと、
誰かを信じ生きていくということについて、
民を守るということ、国を作るということ
責任を持つということについて

陽子と一緒に学んでいます。

壮大な世界観は、英明先生もお気に入りのようです。


国会議員の方、特にトップになられる方にぜひおススメしたいです!!

by drmasumi | 2011-06-04 21:13 | Comments(0)

   エクセレントブレス北東北のホームページ!!

お知らせするのが遅くなりましたが、昨年できた
エクセレントブレス北東北のホームページを紹介します。



c0151053_12104422.jpg



エクセレントブレス北東北は

1.口臭治療に対する取り組みを通じて
2.地域の方々に口腔(歯、舌、粘膜、その他)や健康に対する意識を高め
3.私たちと繋がった方達と共に健康を創るを目的に結成されました。

エクセレントブレス北東北の根底には、

 みんなで取り組んでみんなで良くしていこう
 良いものはみんなで共有しよう
      といった精神があります。


エクセレントブレス北東北とは・患者様の声・メンバー紹介・提携について・
活動記録などエクセレントブレス北東北のことがわかりやすくまとめてあります。

エクセレントブレス北東北のホームページ  ←こちらをクリック

2期生の田村先生がスタッフと一緒に取り組んだHPです。
みんな原稿が遅れて大変だったと思いますが、
色合いも優しくとてもよくできています。
ありがとうございました。

by drmasumi | 2011-06-01 22:24 | Comments(0)