至上の印象派展♪

国立新美術館で開催されている

c0151053_14475813.jpg


「至上の印象派展 ビュール・コレクション」に
行って来ました。




目玉は、ルノアールの「イレーヌ」です。


c0151053_14482170.jpg


「絵画史上、最強の美少女(センター)」

このコピーは、やり過ぎではないかと思いましたが、
この肖像画が描かれた時、
イレーヌは8才であることを知り納得です。


この「可愛いイレーヌ」のポスターを
私の母が部屋に貼っていたので
物心ついた頃からずっと
イレーヌを眺めていました。

「真珠の耳飾りの少女」と同じように
私には、思い入れの強い絵となっています。




こちらは、モネの「睡蓮」

c0151053_14515730.jpg




直前に、
原田マハの「ジヴェルニーの食卓」を


c0151053_17205693.jpg


読んでいたので、
絵画の見方が深くなりましたが、

驚いたのは、
この小説に書かれていた作品が2点、
今回の「至上の印象派展」にあったことです。



小説の中で書かれていた

c0151053_17231399.jpg


モネの「ジヴェルニーの庭」。

この作品は、
読んでいる途中で出品されていることを
知りましたが、

ドガの「小さなバレリーナ」も
展示してあり
私は、驚きを隠せませんでした。


原田マハの「The Modern モダン」が
面白かったので、
「ジヴェルニーの食卓」を読んだのは
偶然です。

悪かった体調が、ようやく戻ってきて
「イレーヌ」に会いに出かけ、
思いがけないサプライズプレゼントを
頂きました♪

YUKIも私も大満足の「印象派展」でした。
「ビュール・コレクション」凄いです。
コレクションがひとつの作品になっています♪




by drmasumi | 2018-04-22 14:38 | Comments(0)

<< 黒川紀章を思う♪ ジヴェルニーの食卓♪ >>