市役所で伺ったこと!!

今日のお昼休み、市役所に災害義援金の寄付に行き
寄付金がどのように使われているのか、状況を伺ってきました。

八戸市が24日までに受けた義援金の総額は約5億1千万円。

4月の時は、被災世帯に対する見舞金が
全壊30万、半壊10万で支給されていました。

5月は、死者・行方不明者の遺族に災害見舞金として100万円の送付。
被災世帯に対する2次分配金として、
全壊40万円、半壊25万円の追加支給を行うそうです。
(1次分配金との合計は全壊世帯で70万円)

義援金の総額約5億1千万円の約75パーセントの約3億8千万円が
被災世帯に見舞金として配分されます。

残る約1億3千万円については、罹災証明を申請していない世帯に留保するほか
被災地域の支援に活用するそうです。

以上が八戸市が直接受けた義援金の状況です。

この他に日本赤十字社等の義援金受入団体や県からの義援金の給付も
行われます。

 例えば全壊世帯の場合
 日本赤十字社等の義援金受入団体から35万円
 県から65万円                        計100万円です。

(義援金受入団体とは、日本赤十字社、中央共同募金、日本放送協会、NHK厚生文化事業団です)

他の各団体が集めている義援金は、その団体の意向によるそうです。

私は、漁業関係の支援もしたいのでそのことも伺ってみると、
水産事業所水産振興課に問い合わせると確実との事でした。
(4月に伺ったときは、委員会を立ち上げているところ?だったと思います)

お話を伺った後、中村歯科クリニックとして寄付金をお渡しすると、
担当の方が、「つまようじ法を教えてください」と、、、、、。
何と市民講座にきていたんですね。
うれしい出会いでした。

by drmasumi | 2011-05-30 20:13 | Comments(0)

<<    エクセレントブレス北東北...       現場から学ぶ歯科医... >>