<   2011年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

         市役所へ!!

寄付金と患者さん協力の歯ブラシ支援金を持って市役所へ行ってきました。

国会でまもなく復興のための第3次補正予算が決まります。

これに合わせて、復興特区とか補助金制度とか各自治体で予算がとれるよう
申請計画書を提出します。

来年の3月までに申請書の提出なのか、審査しちゃうのか
聞き漏らしてここらへんあやふやですが、

とにかく実際の復興事業への予算がつくのは、24年度からになります。
出来るだけ早めに復興事業がまわっていくよう願っています。


毎月、小学生の社会科体験授業のようになっていて(笑)
総合政策部政策推進課震災復興推進室の方に、お世話になっています。

ここに寄付金を持っていきだした最初の頃、感謝状のことを言われましたが、
必要なかったので断っていました。

今日伺った時、震災復興推進室の方から
「毎月寄付を頂いているのに、感謝状も出さないのはこちらが心苦しいので受け取ってほしい」と言われました。

また固辞するのも何だったので、感謝状だけ素直に頂くことにしました。


寄付を振り込んで終わらせるだけでなく、今地元がどんな風になっていて
どのように復興していくのか見届けて次世代に渡したいという想いから
毎月、市役所へ寄付金を持って伺っているのですが

はっきり言って途中で面倒くさくなってきたりしました(苦笑)

市役所の方もどう思ってんだろうとか、、、、、、(笑)

そんな時、周りの方々から

中村さんのやり方っていいよね、
今どうなってるのとか
役立つように寄付したいからアドバイスをお願いとか
いろいろ言って頂き、自分のやり方がいいのかはわかりませんが
勇気づけられ続いています。

このことも市役所の方にお話しし、
私の中では、来年の3月までこれを続けるつもりであることも伝えました。

その後のことは、いろいろ考え中です。

by drmasumi | 2011-11-30 21:55 | Comments(0)

      スピリチャルな健康とは?

WHO憲章では、「健康」について、次のように定義しています。

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and
not merely the absence of disease or infirmity.

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。
                                   (日本WHO協会訳)


この憲章の健康定義について、1998年に新しい提案がなされています。

Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social
well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

dynamic は、健康と疾病は別個のものではなく連続したものであるという意味から、
また、spiritualは、人間の尊厳の確保や生活の質を考えるために必要で本質的なものだという観点から、字句を付加することが提案されたのだと言われています。


スピリチャルな健康って、日本語にどう訳せばいいのでしょう?

現役の東大医学部教授が書いたスピリチャルな本を読んでみました。


人は死なない-ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索    矢作直樹 著


c0151053_16325014.jpg



  神は在るか、魂魄は在るか。

  生命の不思議、宇宙の神秘、宗教の起源、非日常的現象。 
  生と死が行き交う日々の中で、臨床医が自らの体験を通して思索した
  「力」と「永遠」、そして人の一生。


著者自身の生い立ちから、救急医療を通して体験した現代の科学では説明のつかない出来事をわかりやすくまとまたスピリチュアル入門書になっています。

スピリチャルな健康、これからの課題なのでしょう。

by drmasumi | 2011-11-29 17:13 | Comments(0)

           マイ仏教!!

仏教が永遠のマイブーム!!

見仏記」コンビのもう一人、みうらじゅんの「マイ仏教」も最高です。



c0151053_11265733.jpg



 人生は苦。世の中は諸行無常。

 でも、「そこがいいんじゃない!」と唱えれば、きっと明るい未来が見えてくる。


前半は住職を夢見ていた仏像少年時代から始まる、みうらじゅんの青春期物語。

後半は、「生きるうえで仏教は参考になる」といったみうらじゅん流の仏教解釈と

実践法が熱い想いと共に、時に脱線したりゆるーくなったりしながら書かれています。


「私、ブッダにあって聞いてみたいことあるんだけどなぁ」と常々思っていることが

書いてあり、みうらじゅんとは気が合うのかもしれません。



今年は、恐山に行ってきましたが、私がイタコ体験をするとしたら

呼び出してほしい方は、畏れ多くも「ブッダ」です。


私が何を聞きたいかは、本を読むとわかるかも、、、、(笑)

by drmasumi | 2011-11-27 12:26 | Comments(0)

 ボタニカル・ライフ!!

ベランダで園芸を始めて4年が経ちますが、

こんなにはまるとは(増えるとは)思いませんでした(笑)

植物って思ってたよりも逞しいし、教わることがたくさんあります。

ベランダ園芸を楽しんでいたら、すごい仲間を見つけてしまいました。


      ボタニカル・ライフ    いとうせいこう

c0151053_2194387.jpg



 水さえやっときゃなんとかなる、狭さは知恵の泉なり…。
 ある日ふと植物の暮らしにハマッた著者の、いい加減なような熱心なような、
 「ガーデナー」とはひと味違う、「ベランダー」の愛と屈折に満ちた
 「植物生活」の全記録。
 第15回講談社エッセイ賞。


見仏記」もそうですが、著者とはある面のスタンスが似ているのかも、、、。

あー面白かった!!



初秋に花屋さんで紅葉している木を見つけ室内に置いていたら、



c0151053_2119917.jpg




暖かかったのでしょう。

春を感じて、新緑の葉っぱが芽吹いてきてしまいました(笑)

これが私のボタニカル・ライフ!!

by drmasumi | 2011-11-25 21:35 | Comments(0)

      日本小児口腔外科学会!!

19日(土)は、八戸で第23回日本小児口腔外科学会が開催されました。


c0151053_1254750.jpg



特別講演は「新生児にみられる顔面領域の先天異常」について

岩手医科大学医学部小児科学講座の千田勝一教授の講演。


教育講演は「歯原性腫瘍を考える、とくに侵襲性の腫瘍について」

岩手医科大学病理学講座病態解析学分野の武田泰典教授の講演でした。


c0151053_12183145.jpg



また、シンポジウムは「小児の血液疾患と口腔ケア」です。


c0151053_12203497.jpg



全国津々浦々から、大学病院や総合病院の先生方やスタッフが八戸に集まった学会でした。

小児口腔外科学会なので、発表は小児の外傷、奇形、腫瘍、血液疾患等が中心となります。


発表を聞いていて、医科歯科連携の口腔ケアの必要性を痛切に感じました。

入院している小児は、化学的療法等のために免疫力がどんどん落ちていき

ドライマウスや口内炎など口腔内の環境が劣悪化していきます。

12歳白血病男児の症例では、白血病は完治するのですが、免疫力が弱ってしまい

大きな虫歯があったため、そこからの感染で敗血症を発症して亡くなっています。

白血病の治療の前に、口腔内のカリエス処置をしていたら、救えたのではと

複雑です。

非協力児への全身麻酔による治療も考えさせられました。

口臭学会もそうなのですが、医科歯科薬科一緒の学会はいろいろな考え方に

触れることが出来とても参考になります。

by drmasumi | 2011-11-22 13:03 | Comments(0)

         笑顔に感謝!!

落ち込むことがありましたが、昨日はスタッフの笑顔と返事に救われました。

朝礼の時、みんなが笑顔を私に向けて話を聞いてくれる、

仕事中にしっかりと返事をしてくれる、

ありがとうの声が聞こえる。

英明先生も何かを察してか、いつになく優しい(笑)

本当にうれしかったです。

今日の朝礼で、そのことをみんなに話したら、

もっと医院の空気が良くなったようです。

みんな、ありがとう!!



7日から始めたみなとやまでのジョギングが、続いています。



c0151053_2244786.jpg




みなとやまででは、走ったとは言えない、という声も聞こえますが(笑)

今の私には、これが十分です。

今日は、初めて往き帰りとも休まずに走りました。

すごい進歩です!!

by drmasumi | 2011-11-18 22:09 | Comments(0)

         ラッキー!!

ミドリガメのラッキーが、こんな所でくつろいでいました。



c0151053_2295667.jpg




可愛かったので、写真を撮っていたら、



c0151053_22104492.jpg




素早く逃げていきました。



c0151053_22121074.jpg




可愛いです。

今年は、卵をたくさん産んだからなのでしょうか。

昨年の秋のように鳴きません。

by drmasumi | 2011-11-17 22:18 | Comments(0)

新幹線の友!!

20日(日)は、3MIⅩの講習会に市川先生と一緒に行ってきました。

一緒に勉強すると楽しいですね、次回もよろしくお願いします!!


今日は、新幹線の中で読んだ本を紹介します。

まず1冊目は、知識ゼロからの聖書入門


c0151053_2143582.jpg


気が向くと、いろんな方の聖書入門を読んでいます。

いつも入門書で、先に進まない所が何とも言えませんが(笑)

小学校はカトリックの学校に通っていたので、

お経よりも、讃美歌や祈りの方になじんでいました。

知識ゼロからの聖書入門となっていますが、結構中級レベルまで書かれてあり

わかりやすくまとまっています。


2冊目は、氣の呼吸法


c0151053_21561621.jpg



  細胞から酸素が不足すると、病氣にかかりやすくなる。
  現代人はストレスで毛細血管を縮ませ、姿勢の悪さで血流を阻害している。
  このひずみを取り除き、身体のすみずみまで酸素を行き渡らせ、
  生命力を充満させる技術が「氣の呼吸法」である。
  心身統一合氣道会を創設し、「氣の原理」を提唱する第一人者が、
  美容と長寿に欠かせない呼吸術を伝授する。

心身統一合氣道を習っていて、先日4級の審査に合格した所です。

私にとっての、教科書みたいな本でしょうか。


3冊目は秋の牢獄


c0151053_2213655.jpg



  11月7日水曜日。女子大生の藍は秋のその一日を何度も繰り返している。
  朝になれば全てがリセットされる日々。
  この繰り返しに終わりは来るのか──。

  名作『夜市』の著者が新たに紡ぐ、圧倒的に美しく切なく恐ろしい物語。

以前紹介した『夜市』もそうですが、この作者の切なく幻想的でノスタルジックな世界に惹かれます。

気が向いたら『夜市』から読んでみてください。

「風の古道」が私のお気に入りです。

by drmasumi | 2011-11-14 22:32 | Comments(4)

 サラリーマン山伏!!

とても面白い本を読みました。

     ウチのダンナはサラリーマン山伏     はじめ 著


c0151053_22432050.jpg



  山伏とは「山野に起き伏して岩を登ったり、火を渡ったり、滝に打たれたりして
  修験道の修行するお坊さん」のこと。

  天狗の元になったくらいだから、とっくにいなくなったものだと思っていたら…
  いるんです! しかも東京のコンクリート・ジャングルに!

  「修験道」とは山岳信仰をベースに神道や仏教・道教などを独自にアレンジした
  日本独自のMIX宗教。

  「修験」とは超能力のこと。
  山の自然が持つパワー(超能力)を得るために
  山野に起き伏して修行する。

  だから「山伏」なのです。

山伏、修験者というと役行者のイメージがあり、ドラマや映画で怪しい役柄が多いので

ちょっと誤解していたようです。

結構面白かったですよ!!

by drmasumi | 2011-11-10 23:09 | Comments(0)

       ブッダ 真理の言葉!!

今日は、NHKテレビテキスト 100分de名著 「ブッダ 真理の言葉」を紹介します。


c0151053_21124172.jpg



 数ある仏教聖典のなかで、ブッダの語った言葉をそのまま日常に役立つ指針として 
 説く「ダンマパダ」(邦訳「真理のことば」)。

 超越者の存在を信じてすがりつくのではなく、「修行することで自らの心を鍛える。

 それが苦しみから抜け出す唯一の道だ。」と考えるに至った、
 ブッダの教えの本質がここにある。

以前紹介した「ボクは坊さん」で、「ダンマパダ」が数多く引用されていて興味を持ったので読んでみました。

ブッダの時代に近い原始経典である「ダンマパダ」は、あまり宗教くさくありません。

シンプルで、素直に納得できる、、、、、哲学っぽさがいいのかもしれません。

by drmasumi | 2011-11-08 21:35 | Comments(0)