<   2011年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

      市役所で伺ったこと!!

今日のお昼休み、市役所に災害義援金の寄付に行き
寄付金がどのように使われているのか、状況を伺ってきました。

八戸市が24日までに受けた義援金の総額は約5億1千万円。

4月の時は、被災世帯に対する見舞金が
全壊30万、半壊10万で支給されていました。

5月は、死者・行方不明者の遺族に災害見舞金として100万円の送付。
被災世帯に対する2次分配金として、
全壊40万円、半壊25万円の追加支給を行うそうです。
(1次分配金との合計は全壊世帯で70万円)

義援金の総額約5億1千万円の約75パーセントの約3億8千万円が
被災世帯に見舞金として配分されます。

残る約1億3千万円については、罹災証明を申請していない世帯に留保するほか
被災地域の支援に活用するそうです。

以上が八戸市が直接受けた義援金の状況です。

この他に日本赤十字社等の義援金受入団体や県からの義援金の給付も
行われます。

 例えば全壊世帯の場合
 日本赤十字社等の義援金受入団体から35万円
 県から65万円                        計100万円です。

(義援金受入団体とは、日本赤十字社、中央共同募金、日本放送協会、NHK厚生文化事業団です)

他の各団体が集めている義援金は、その団体の意向によるそうです。

私は、漁業関係の支援もしたいのでそのことも伺ってみると、
水産事業所水産振興課に問い合わせると確実との事でした。
(4月に伺ったときは、委員会を立ち上げているところ?だったと思います)

お話を伺った後、中村歯科クリニックとして寄付金をお渡しすると、
担当の方が、「つまようじ法を教えてください」と、、、、、。
何と市民講座にきていたんですね。
うれしい出会いでした。

by drmasumi | 2011-05-30 20:13 | Comments(0)

      現場から学ぶ歯科医院経営!!

5月29日は、八戸で渋田歯科クリニックのセミナーがありました。


c0151053_2223835.jpg



私は、地域医療ネットワークの構築として
エクセレントブレス北東北のことを発表させていただきました。



c0151053_22249100.jpg



このセミナーには、1月に医院見学させていただいた安部先生、朝田先生も
大阪から駆けつけてくださいました。

広島県や山口県からも先生がスタッフと一緒に参加です。

すごい先生方の前でプレゼンし、私みたいな者がと恐縮しましたが、
度胸だけはついてきたようです(笑)

遠くから、すごい先生方がわざわざ八戸までいらっしゃるので
プレゼンを必死でまとめました。

市民講座の大成功のカギは
エクセレントブレス北東北が、
いかにして地域医療ネットワークを築いてきたのかにあります。

プレゼンをまとめることによって、
頭の中が整理され、気づいていなかった事が見え、
エクセレントブレス北東北のすごさを再認識しました。

最初は、面倒くさいなと思っていたのですが、
いろいろ見えてくると、時間を忘れて作業しますね(笑)

機会を与えて頂きありがとうございました!!

渋田先生、自分をプロデュース出来なくて残念だったと思いますが、
本当にお疲れ様でした。

ずっとサボっていますが、後ほどHPにアップします。

by drmasumi | 2011-05-29 22:53 | Comments(0)

         教えてください!!

宿泊したホテルのフロントは7階にあります。


c0151053_22382116.jpg



庭に面していすが置かれてありますが、
とてもここが7階とは思えません。

まさしく空中庭園ですね。

ホテルの入り口が目立たないので
以前宿泊した時は、近くなのにとても迷いました。

慣れればとてもいいホテルです。



ロビーにさりげなく飾られていた男の子の像。



c0151053_22453561.jpg



頭に被っているのはイノシシですよね。
 (中国だから豚かもしれませんが、、、)

私はイノシシ年なので、この可愛らしい男の子の像が
とても気に入りました。

中国の民話から作られた像なのでしょうか?
誰か知っていたら教えてください。

by drmasumi | 2011-05-24 22:54 | Comments(0)

          松丸本舗!!

22日(日)は研修会で久しぶりに東京へ行ってきました。
東京駅の丸の内北口のすぐそばにあるホテルに宿泊。

丸の内OAZO(オアゾ)はホテルも丸善もあって
オシャレで便利、いい所ですね。

前日の夕方にチェックインし、早速丸善へ行ってみると、

何と、私の大好きな松岡正剛先生の本屋さんが丸善の中に
誕生していました。


「知の巨人」と称される松岡正剛氏との共同プロデュースによる『松丸本舗』


c0151053_1733629.jpg



『松丸本舗』は、「知の巨人」松岡正剛先生
脳みその中に入ったような感じの本屋さんです。

日常を忘れさせる本の異空間!!

雑然としていながら秩序を保ち、然るべき場所にある本の数々。
理想の本棚!!理想の書斎!!

私もこんな本棚ほしいよー。

何だか、すごい興奮状態ですね(爆笑)

まだ行ったことのない方は、ぜひ行ってみてください。



   17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義


c0151053_17424740.jpg



数年前にこの本を読んで、 松岡 正剛に参った私。


  世界の文化・宗教・思想をクロニクルにまとめ、
  日本とのつながりを明らかにする。
  流れるようにドンドン読める人間と文化の教科書!

  ワクワクする世の中の秘密を教えてくれます。

学生時代に セイゴオ先生の授業を受けてみたかった、、、。

私は、ずば抜けて頭のいい方に弱いです(笑)

by drmasumi | 2011-05-23 19:12 | Comments(0)

           森 博嗣!!

森 博嗣の「η(イータ)なのに夢のよう」を読み終わりました。

ここ2年ほど、このシリーズを読んでいなかったのですが、
読みだすとやっぱり面白い!!


c0151053_17584246.jpg


ミステリーというよりもキャラクターに魅せられて

S&Mシリーズ 10冊  Vシリーズ 10冊 
四季シリーズ  4冊  Gシリーズ  6冊   計 30冊を

読み込んできたわけですが、「η(イータ)なのに夢のよう」は、
ターニングポイントになりそうな作品でした。
30冊全ての物語の裏に天才・真賀田四季
隠れているので2重に楽しんで読み進みます。

一連の事件と真賀田四季の関係は、、、、。
天才・真賀田四季は一体何をやろうとしているのか。

読んだ人にしかわからないでしょうが、
森 博嗣の作品はどのシリーズもキャラクターが本当に魅力的です。


私と森 博嗣の作品との出会いは、確か12年くらい前。

  
                 すべてがFになる


c0151053_18142380.jpg



この本との出会いが、ミステリーにはまるキッカケになりました。

当時は、理系ミステリー・森 博嗣、文系ミステリー・京極夏彦と対極させて
とりあげられていたことを懐かしく思い出します。

森 博嗣のこのシリーズ、3か月ごとに文庫化されるので
それを追いかけるように読み続け今日に至っていますが、
まだ続いているので追いかけていきます。

百年女王シリーズもリンクしているようなので
絶対読みます(笑)

森 博嗣 はまりますよ!!

by drmasumi | 2011-05-20 22:59 | Comments(2)

   普通のスタッフが出来るすごいコンサルテーション!!

『現場から学ぶ歯科医院経営セミナー
普通の歯科医院の普通のスタッフが出来るすごいコンサルテーション』

というテーマで渋田歯科クリニックがセミナーを開催します。

 青森県八戸の渋田先生(渋田歯科クリニック)が取り組まれている
 素晴らしい院内システム構築、スタッフ育成のノウハウと
 地域歯科ネットワークの紹介です。

 その地域歯科ネットワークでは
 本田先生のほんだ式口臭治療に取り組む地域の先生方と
 エクセレントブレス北東北をつくり、
 2月6日には八戸で口臭セミナーとして
 市民講座を開催、約400名の市民が参加いたしまた。
 
 また渋田先生は素晴らしいコンサルテーションスタッフを育て、
 患者さんによろこばれるコンサルテーションを実践されています。
 そのノウハウも公開していただけるセミナーです。


 ●テーマ:現場から学ぶ歯科医院経営(青森八戸・渋田歯科クリニック) 

 第1部 
 日 時:5月29日(日)午前10時~12時
 テーマ:スタッフ育成、院内システム構築そして地域歯科ネットワークへ

 第2部 
 日 時:5月29日(日)午後1時~3時
 テーマ:普通の歯科医院の普通のスタッフが出来る凄いコンサルテーション

 ●メイン講師:渋田大路先生(渋田歯科クリニック 院長)
 TEL:0178-31-6480 URL:http://www.shibuta.jp/
 〒031-0833 青森県八戸市大久保沢目13-5

 ●その他の講師:エクセレントブレス北東北参加医院院長・スタッフ、渋田歯科クリニックスタッフ   
 ●主催:一般社団法人 歯科業務標準化機構

 〒542-0081 大阪市中央区南船場1-11-9  長堀安田ビル
 電話:06-6266-5758 FAX:06-6271-6254

 ●会場:青森八戸 ユートリー(財団法人 八戸地域地場産業振興センター)Tel:0178-27-2227
 八戸駅(JR東北新幹線・東北本線・八戸線・青い森鉄道)隣接
 URL:http://www.youtree.com
 〒039-1102 青森県八戸市一番町一丁目9-22

 ●定員:60名


以上です。

今年初めに、このセミナーのことは、渋田先生から伺っていて、
市民講座のことを少し話してくださいと頼まれていたのですが、
震災があり、講演会自体開催がわからなかったので、

たぶん、もう私の発表はないよね。
と勝手に安心していたところ、
先日、「先生やってね。」と言われてしまい、

大成功に終わった市民講座のことを
15分くらいお話しすることになりました。

このセミナーには、1月に医院見学に行った安部先生や浅田先生が
はるばる大阪から、駆けつけてくださいます。

先生方にお会いできることを励みに取り組ませていただきます!!

かなり緊張して焦っていますが、、、、。

by drmasumi | 2011-05-19 14:07 | Comments(0)

      八戸港 イカ釣り船第一陣出港!!

今日のデーリー東北の一面に、旗を掲げたイカ釣り船の出港のニュース
載っていました。



c0151053_15333836.jpg



震災の翌日に見た八戸港の光景は忘れることが出来ません。

この大きなイカ釣り船が3隻も岸壁の上に乗り上げて
道路の方まで来て倒れている船もありました。

新聞や雑誌、テレビにも多く載ったので皆さんもご存知かとと思います。

あの光景を見たとき、本当にこれからこの漁港、
八戸はどうなって行くんだろうと呆然としてしまいました。

  悲しみでも怒りでもなく不安とも呼べない
  どうしていいのかわからない感情に
  被災していない人たちみんなも、
  大なり小なり振り回されていたと思います。

  被災した方たちには、当事者しかわからない感情があると思います。
  私自身、実家が類焼で火事になったことがあるので、
  今回の震災では当時のことを思い出しました。

  このようなことを書きたかったのではないのですが、
  震災のことを書き出すと何だかオカシクなりますね。


とにかく、大変などうなって行くのかわからなかった時期を
ひとつ乗り越え、万全ではないのですが
こうして第一陣が出港したというニュースは、
本当にうれしいです。


岩手県や宮城県、そして福島県の皆さんのことを思うと
胸が苦しくなりますが、

気負うことなくなすべきことをなし、歩いていけば
やがて時が流れ、行くべきところに導いてくれるのでしょう。


いつも当たり前のように、食卓にのっていた魚介類ですが、
感謝の気持ちで頂けるようになりました。

本当にうれしいニュースです!!

by drmasumi | 2011-05-17 16:37 | Comments(0)

     口臭セミナー7期生 3回目!!

5月15日7期生の3回目の口臭セミナーが行われました。

午前中は、初診・再診の患者さん各1名づつと、
耳鼻科からの紹介で味覚障害を訴えている患者さんの治療です。

この紹介患者さんは、ご年配の方で3年前から、
味覚障害と口腔内の苦みが現れ、口の周りにも白い泡がたまり
とても苦しんでいらっしゃいました。

歯科、内科、耳鼻科と何軒も行ったようです。
漢方薬やカンジダ症の薬などいろいろ処方され
服用していましたが、改善されず、

自分でもよくわからなくなって、
心療内科にも通ったそうです。
苦しくて苦しくて死んでしまいたいということも
おっしゃっていました。

患者さんの気持ちに寄り添い
唾液検査を行って、患者さんの口腔内の問題が
なぜ起こっているのか、
どのように起こっているのかを
丁寧に示唆していきます。

原因がわかれば、それに対するリハビリとケア方法を
指導します。

患者さんは、リハビリに取り組む威力を見せ帰って行かれました。


午後は講義です。
今回は、チャートのテストがありました。


c0151053_1731443.jpg



中村歯科クリニックの新人のスタッフも1名、7期生と一緒に
受講しています。
彼女はとてもまじめです。
宿題のチャート10枚もとても綺麗に書いてありました。
もちろん優秀な成績で合格!!
人当たりが良く癒し系なので、カウンセリングは向いていると思います。


c0151053_1804655.jpg



今回も各医院、優秀なスタッフが多く、
前に座っている院長3名は、仕事がとてもしやすいのでは
ないでしょうか。

by drmasumi | 2011-05-16 18:07 | Comments(0)

太宰のお土産!!

昨日紹介した「生まれて墨ませんべい」は爆笑ものですが、

走れメロンパン」というパンもあるようです。


c0151053_1923667.gif



太宰の短編集『晩年』に引用されている

 「撰ばれてあることの恍惚(バター)と不安(アン)と二つわれにあり」

をもじって作られたメロンパン。


下北にある吉田ベーカリーで販売しているようなので、
こちらは、食べてみたいです!!


下北にしかないもの「吉田ベーカリー」のアンバター



c0151053_1942149.jpg



今は仙台に住んでいる高校時代からの友人YUUKOさん。

彼女は、お弁当にあんことバターのサンドイッチを
良く持ってきていたことを思い出しました。


ぷらっとパンを買いに行ってみようかな?
英明先生次第でしょう(笑)


今回の旅の記念は、斜陽館で売られていた「太宰歌留多」です。


c0151053_1916972.jpg



d-laboさんの分もあるから楽しみにしていてください!!

by drmasumi | 2011-05-14 22:37 | Comments(2)

         手紙の想い出!!

太宰直筆の陽子ちゃんへ宛てた手紙。

 陽子ちゃんは、親から太陽の子という名前を頂いたのだから、
 辛い時も悲しい時もどんな時も
 太陽のように明るく笑っていなければならない。

うろ覚えですが、確かこういった内容の
手紙だったと思います。

筆で書かれた太宰直筆のこの手紙は、
陽子ちゃんへ宛てたというよりも
太宰治そのものであり、私の記憶の中にずっと
色あせることなく残っています。


この手紙のあった芦野公園の資料館は今はなく、
斜陽館に資料室が出来ていました。

捜してみましたが手紙は展示してありませんでした。


またいつの日か、太宰そのものであるこの手紙に
きっと会える、そんなを想いを抱いています。



斜陽館近くにある雲祥寺で


c0151053_2359435.jpg




太宰の石碑を見つけました。



c0151053_2341493.jpg



  金木文化に贈る言葉


      汝を愛し   汝を憎む          太宰治



いつの間にか私は、太宰の年齢を追い越していました。

太宰が私と同じ年齢まで生きていたら、

今度はどんな言葉を贈るのでしょう。



「生まれてすみません」も太宰の有名な言葉ですが、

青森のお土産売り場で、 (斜陽館ではありません)




c0151053_23495612.jpg



「生まれて墨ませんべい」を見つけてしまいました。

太宰は大笑してるでしょうか? 苦笑かな?




  

by drmasumi | 2011-05-13 10:32 | Comments(0)