夜市!

先日、仙台へ行った時の番外編です。

新幹線の中で読んだ「夜市」 恒川光太郎著 が良かったので紹介します!

c0151053_22254673.jpg

2,3年前単行本で、ダビィンチにプラチナ本として紹介されたときから、良さそうだなと思っていました。
デビュー作で直木賞候補にもなった作品です。

文庫本になったので早速購入し、仙台での新幹線で読もうと決めていました。

日本ホラー小説大賞を受賞していますが、これはホラーではありません。
ノスタルジックなファンタジー小説です。
「夜市」もいいのですが、一緒に載っている「風の古道」が好きです。

「秋の牢獄」 「雷の季節の終わりに」など、文庫化されたら真っ先に読みたいです。

またひとりお気に入りの作家がふえました。

by drmasumi | 2008-09-08 22:38 | Comments(0)

<<     鬼塚 喜八郎!     朝顔 ブルー! >>